マンションなどであげられる鳩の糞害対策|良い業者の見つけ方

女性

被害をもたらす鳥獣

ハクビシン

畑などで作物の栽培を行なっているような場所では、ハクビシンによる作物被害が報告されることがあります。ハクビシンは果実などを好み、好みでなくとも食べ物であれば野菜なども食べる雑食性です。また、ジャンプ力が高いのも特徴的で、小さな柵程度では飛び越えて侵入してくることもあります。また登ることができるような作りになっている柵の場合には高くてもよじ登って侵入してくる可能性もあるため非常に厄介です。被害をもたらすのは作物などがある畑ばかりではありません。屋内に侵入して住み着いた場合には更なる被害を被ることになります。屋内で糞尿を撒き散らし、そこから発生する悪臭でかなりのストレスを抱え込むことになってしまうでしょう。そうならないためにもハクビシンの被害が見られた場合には早めの対処が必要です。ハクビシンの厄介なところは被害を出すうえに鳥獣保護法によって守られているため、傷をつけたりすることはできません。しかし、ちょっとやそっと追い払った程度ではまた戻ってきてしまうこともあるでしょう。
そんな場合にハクビシン駆除のプロにお任せしましょう。プロであればハクビシン駆除の方法は熟知しているため、ただ退治するだけでなく、再来の対策も行なってくれます。しかし、ハクビシン駆除を行なって再来対策を行なったとはいえ、動物であるためいつ戻ってくるかは分かりません。しかし、万が一戻ってきた場合でもアフターフォローも行なってくれる業者であれば、連絡をすると再度対策をしなおします。また、屋内へ一度侵入しているのであれば、殺菌・除菌の対応もしてくれます。過去に実績の多いところであれば、安心してハクビシン駆除の対応を任せることができるでしょう。